調査研究コンサルティング

調査/分析スタッフ紹介

調査/分析スタッフを紹介いたします。

板垣 貴志

itagaki

担当: 事業部長

東京大学医学部健康科学・看護学科卒業、同大学院中退。
主な関心領域は医療者患者関係、ヘルスリテラシー、ストレス対処力、健康社会学であり、仕事を通じて、臨床研究における患者登録システム、標準化、調査方法論、統計分析、などに関心とスキルが広がる。
大学・大学院での統計実習講義、キャリアプランに関する講義、コンテンツ制作に関する講義、など複数の教育経験を積む。代表取締役という立場もあり、学習・教育にも強い関心がある。

ご挨拶

私事ですがつい先日、第一子が誕生しました。彼が健康に生きていくためには何が必要なんだろう。
そういった課題を具体的に考えるためには、少なくとも事実を把握することは重要です。
分かっている事実、あやふやな事実、不明な事実。
私たちが行う調査研究コンサルティングでは、現在の問題の所在を共有し、ビジョンを共有し、そのうえで必要となる調査研究について、専門的な立場からのサポートを提供いたします。
我が国の調査研究力を世界一にすることを目指し日々奮闘しております。

根岸 麻歩由

negishi

担当: 調査/分析

東京大学医学部健康総合科学科看護学コース出身。
成人看護学教室(現高齢者在宅長期ケア看護学/緩和ケア看護学教室)にて量的研究を学ぶ。
学部卒業後、東大病院にて看護師として勤務したのち、アクセライトに入社。
保健師の資格ももち、現場視点での調査研究には定評がある。

ご挨拶

私は大学を卒業したあと、二年間、大学病院の病棟看護師として勤務しました。臨床経験の中で、病気になっても自分らしく生きていくためには、自分で意思決定できることが重要だと感じました。自分自身の思いがなければ、意思決定はできません。また、情報を集めて判断することができなければ、やはり意思決定はできません。
一人ひとりの思いを尊重することと、必要な情報を届けて活用してもらうことを意識しながら、アクセライトで研究員として働いています。理系の出ですが、文章を読み書きすることが好きです。物書きでもお客様のお役に立てれば幸いです。

望月

Mochizuki

担当: 調査/分析

東京大学文学部を卒業後、医学系研究科に進学し、高齢者へのインタビュー調査や障害に関する量的調査に取り組む。
大学院修了後、出産育児を経て6年ぶりにアクセライトで研究調査活動に復帰。
仕事の時間以外は、二人の息子に振り回される日々を送っている。

ご挨拶

病気や障害をもつ人々にとって、少しでも役に立つ実践的な研究がしたいと思い、文学部の社会学から医学系研究科の健康社会学教室に進学しました。
私が取り組んでいる研究が実際に役に立つのかという疑問を常にもちながらの大院学生活でしたが、現在の出産家事育児に専念する現在の生活の中では、病気や障害に触れる機会がたびたびあり、そのつど大学院生活で学んだことが思い出され、やはり実際に現場や当事者にとっては大切な問題なのだと感じることが多々あります。

ブランクが長く研究員としての復帰に不安がありましたが、チームに子育てへの理解があり、自分のペースで仕事ができています。
研究員として日々勉強を続けながら、様々な人々にとっての健康、病気や障害をもつ人々やそのご家族にとっての安心につながるような仕事ができればと思っています。

hayashi

担当: 調査/データマネージメント

東京大学農学部卒。
株式会社東映アニメーションを経て、NPO法人カポエィラ・テンポ渋谷支部代表に。
現在は、横浜・川崎にて、アクロバット体操・カポエィラ・アートを三本柱とするNPO法人ACRO理事長として活躍中。
昼の顔はデータマネージャ、夜の顔はカポエイラの講師。
たまにブラジルに武者修行に出かける4児の父親。

ご挨拶

「カポエィラ」で最も大切な精神は「respeito(ヘスペイト)」つまり、尊敬すること。
相手を敬う精神を常に胸に抱き、カポエィラの組手の最後は必ず握手と抱擁で終わります。
調査やデータ入力、分析も同じ。
調査票やデータを目一杯の誠意をもって扱い、お客様の必要としているものを常に想像しながら、調査スタッフとの共同作業で正確に入力・分析を行い納品いたします。

客員リサーチアドバイザー

井上 洋士

Inoue Yoji

略歴

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。博士(保健学)。医療機関等での研究員や大学教員、任意団体代表などの立場から、主に保健医療福祉分野の調査研究を実践してきた。特に病いのある人々を対象とした調査研究やウェブ調査を得意とする。民間企業でのマーケティング関連実務経験も活かし、講演や学会発表、論文、著書で数多くの成果を世に出している。

ご挨拶

私の経験を皆様と共有し、皆さまの調査研究の質を高めるためのお手伝いを少しでもさせてもらえることを願っています。

佐々木 奈都記

sasaki

略歴

東京大学医学部健康総合科学科卒業、同大学院医学系研究科公共健康医学専攻 (精神保健学教室) 修了。
大学院在籍時から、大学院及び精神保健研究所にて、精神保健分野での調査実施および分析等に関わる。精神保健福祉士。

ご挨拶

医療、福祉に関連するサービスが、どんどん面白くなり、より多くの明敏な方々が、
ふと口を出し、いつしか手を貸し、気づけば足を踏み入れている、
そんな分野になると嬉しいです。
上記将来像実現の一助となるよう、日々精進してまいります。


事業部のトピック