システム開発

各種研究データ管理システム

アクセライトでは特に研究データを格納するためのデータシステムの構築を強みとしております。様々なタイプの研究データについてベストな管理方法を提案いたします。

データを正しく管理するために

調査研究や臨床研究その他の研究を実施していく中で、データを正確に、効率的に管理したいというニーズはございませんか?

もともとは紙やエクセルで管理していたデータも、担当者が変更や時間経過に伴い、データが散逸し、データの最新版の管理も難しくなり、データの集計も困難になるものです。
データのバージョン管理と、より高い精度でより効率的にデータを扱うことは、データを扱う全ての研究において共通する課題です。
特に、データ改ざんが大きな社会問題となるような医療研究領域においては、「いつ」「だれが」「どのように」データ変更したかの履歴を取得すること(監査証跡)がデータ管理の基本となります。良好な臨床データインフラを整えることは質の高い臨床研究のための必須条件と言えます。

研究上のこのような課題を解決します

研究上のデータ管理の例として、以下のような課題解決が可能です。

  • Web調査を実施し、回答後に集計結果をグラフ化したい
  • 電子問診表を構築し、患者が問診表を記入、医師がデータを確認したい
  • ePRO(患者報告アウトカム)システムを構築したい
  • EDC(Electronic Data Capture)システムを構築したい
  • 患者データレジストリを構築したい
  • 毎年実施している調査データをシステムで入力ができ、データを集積できるようにしたい
  • その他エクセルで管理しているデータを整理し見える化したい

データ管理システム仕様

アクセライトの研究データ管理システムは以下のようなシステム機能を有します。

データ管理項目(調査票)設定機能

様々な形式のデータ入力フォームを作成可能です。
データ型は、テキストボックス、択一(ラジオボタン/ドロップダウン)、複数選択(チェックボックス)、マトリックス形式、日付型、時刻型、スケール、その他プロジェクト固有の定義型を追加組み込み可能です。
また、「その他」を選択した場合に「その内容を入力してください」のようなテキストボックスを表示するような機能を、設問間の包含機能と、入力可能条件をツリー構造で実現しているため、シンプルではない設問表示条件を設定することが可能です。

回答登録時バリデーション

必須入力項目のバリデーションに加え、任意入力項目の入力確認アラートや、複雑な入力バリデーションの設定機能を実現しました。

入力データに基づく計算値変数

入力データに基づいて計算をした値を変数として格納できるよう、計算式を組み込むことが可能です。ローデータから都度計算値変数を作成することなく、システム内で変数作成が完結できます。

データ入力とシステムのフローをカスタマイズ

単純で一回きりのWeb調査を実施するのであれば非常に安価に実施ができるサービスがあります。
しかし、一般に以下のような機能を実現しようと思うと途端に中規模のシステム構築が必要となってきます。

  • 調査を実施した後にグラフデータを閲覧できるようにしたい
  • 3つの入力フォームを特定期間内に逐次入力するよう促したい
  • データ入力があったら管理者がデータを確認し入力者にフィードバックしたい
  • データ入力のタイミングでメール送信したい

弊社のシステムでは、回答画面・回答機能とシステムのフローを、オーダーメイドで組み込むようにあらかじめ設計されていますので、広範なニーズを安価かつ高い品質で実現いたします。

導入費用/システム維持費用

システムの構築費用はシステムのタイプに応じて以下のような価格帯での実績がございます。

小規模なデータ集積システム 80万円~200万円
臨床データを扱うデータ管理システム 100万円~1,000万円
調査データ収集・グラフ化システム 200万円~600万円
インタラクティブなデータ収集システム 150万円~700万円

またシステムの年間維持費用は構築費用の10%~25%でご提案しております。(サポート内容により変動)
システムの導入費用はシステムの機能・規模・想定利用施設数・人数に応じて都度お見積りをいたします。詳しくは是非一度ご相談ください。

アクセライトの強み

データ管理システムの構築は、必ず開発チームと調査研究コンサルティングチームのスタッフの共同作業で進行いたします。調査データの性質とそれらの集計・アウトプットを想像してシステムを構築するからこその提案力により、「実際に使われ続けるシステム構築」に高い成功率を築いてきました。
システムは当初計画していた通りの期間にわたって使われ続けて初めてその真価を発揮します。
単年度あるいは数年度単位で決定される研究費で長期にわたりシステムを維持するのは困難が多く、導入時に不安を感じられることが多いようです。
私どもは、長期的なシステム維持のために、

  • システム導入・運用を通じて研究成果を出せることをサポートすること
  • 研究費に応じて柔軟な維持プランを提案すること

を強く意識し、研究をサポートいたします。

長く使われるのには理由があります。お悩みの方は是非一度ご相談ください。

事業部のトピック