システム開発

システム事業部の特長

ニーズの実現を第一に

ご相談を受けてから、まずはニーズのヒアリングをいたします。
システム導入をご希望のお客様でも、ヒアリングの結果、ご予算や手間などの想定予算を考えると
ときとしてシステム導入以外の手立てがベストであるということもあります。
目先のシステム化を目的とするのではなく、お客様のプロジェクト目的、ご予算と今後の展望をしっかり理解し、現時点で最適なご提案と、将来を見越した中長期的なプランをセットでご提案いたします。

system-char_img01

「お客様の立場になって考える」ことは、気持ちだけでは実現できません。
私たちは具体的な方策として、お客様の状況を社内チームで共有し、「自分たちのプロジェクトだとしたらどう進めるか」を議論するスタイルをとっています。
社内で開発のみを行うエンジニアであっても、顧客のニーズを把握することでよりよいユーザインターフェイスを提案することが可能になります。

仕様変更を想定した設計力

上記の項目とも絡みますが、プロジェクトのもともとのニーズを把握・理解することは、そのプロジェクトの今後の発展を想像することにつながります。
未来が想像できていれば、機能拡張に最大限に備えたシステム設計が可能となります。
技術的にも設計が得意なチームですので、「いつの間にか使えないシステムになった」という事態を未然に回避し、融通の利く利便性の高いシステムをご提供いたします。

system-char_img02

コストパフォーマンスの高い製品

弊社でのシステム開発は社内のスタッフで開発することにこだわり、外部に委託しません。
開発ノウハウを社内で蓄積していくことは会社の方針でもあり、技術の蓄積が開発の要であると考えています。
フレームワークをベースにし、社内で開発した利便性の高いライブラリを駆使して開発を進めますので、結果として短納期/高品質/低コストでのシステム導入を実現させます。

system-char_img03

事業部の目指す先

システムを必要とするすべての人と場所にシステムを導入すること

これが私たちシステム事業部の使命です。

この数十年でサーバ費用は飛躍的に低価格/高品質になり、インターネットの普及によりプログラミング技術そのものも広く普及しました。
しかしシステム導入にはまだ多くの障壁があります。費用面、コミュニケーション、システム移行、ベンダー選定の困難さ。
それらすべての障壁を丁寧にひとつづつ取り払い、システムを必要とする全ての人と場所にシステムを導入してまいります。
人類を、退屈で間違えやすいすべての手作業から救うことが私たちの使命です。

system-char_img04

事業部のトピック